中目黒の内科・呼吸器内科・循環器内科・アレルギー科

〒153-0061
東京都目黒区中目黒4-5-1エースビル2階

※東急バス目黒警察署停留所すぐ
お気軽にご来院ください

TEL03-5722-5500
FAX:
03-5722-5501

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠中に呼吸が10秒間以上停まることを「無呼吸」といいます。

一晩7時間の睡眠で30回以上、あるいは1時間あたり5回以上「無呼吸」が生じる場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因

SASの原因の多くは、空気の通り道である上気道が物理的に狭くなることにあります。

上気道が閉塞する原因として、肥満によるのど・首回りの脂肪の増加があげられますが、肥満でなくても、扁桃腺や舌、軟口蓋が肥大している、口蓋垂が長い、首が短くて太い、下顎が小さく後退していることなどが原因となる場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフチェック

  • 日中眠くなることがよくある(仕事中、会議中、運転中など)
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 起床時、寝たはずなのに疲れが残っている感じ、頭痛やだるさがある
  • 「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがある
  • 毎晩、大きなイビキをかく
  • 肥満傾向、または高血圧がある(高血圧の薬を飲んでいる)

上記のような症状を有する方は、SASの疑いがありますので主治医にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査

SASの簡易検査はご自宅にて行います。入眠前に複数のセンサー(コード)を装着し、その後就寝します。
装着したセンサーによりさまざまな生体信号の記録を行い、睡眠中の状況、結果をもとに診断を行います。

検査代金は3割負担の方で2700円(他に診察料がかかります)、1割負担の方で900円です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療

生活指導

減量(肥満の方)、禁煙、飲酒を控える、睡眠中の体位の工夫(横向きに寝る)、過労の予防など生活習慣を見直します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療

口腔器具(軽症の人向け)

就寝時にマウスピースを装着し、上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。
当院では、ご自宅の近くの歯科・口腔外科をご紹介させて頂いております。

口腔器具

CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)

重症の方は、就寝時に鼻にマスクを装着し、気道に空気を送り込み、睡眠中に起こる気道閉塞を防ぎます。

CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群

写真はTEIJINより

クリニック案内

地元中目黒にて、地域医療に貢献したいと思います

お子様から通院が困難な患者様まで、幅広く対応したいと思いますのでお気軽にお越し下さい。

ドクターズマガジン
facebook.com
医院名
目黒ケイホームクリニック
院長
安藤 克利
住所
〒153-0061
東京都目黒区中目黒4-5-1エースビル2階

※東急バス目黒警察署停留所すぐ
※お気軽にご来院ください。
電話番号
03-5722-5500
FAX
03-5722-5501

ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。

TEL 03-5722-5500
FAX 
03-5722-5501