研究・開発活動

2018年度の目標

  • (診療)量ではなく質を重視したクリニック運営を行い、地域の方々や近隣の医療関係者との連携を深める。評価に際して、質を定量化するための新たな手法を開発する。

  • (訪問診療)在宅療養中の患者さまが抱く思いをくみ取り、実現させるための具体的アイデアを全ての患者さまに提供する。

  • (外来診療)地域の医療者の方々との連携を深め、お子様から通院困難な患者様まで、地域の方々の信頼を獲得できるよう努力する。その評価手法として、「信頼」を定量化するための手法を開発する。

  • (研究・開発活動)医師患者間の情報量の差(medical gap)を埋めることのできる情報提供アプリを開発し、世に発信する。

  • (人事・運営)企業で学んだボトムアップ式人事運営スタイルをクリニックに導入し、医療分野でもボトムアップ式運営形態が応用可能か検討する。

  • (教育)当院の職員全員が、当院で「やりがい」を見つけ、さらにその「やりがい」を「仕事」に変えることのできる手法を伝達していく。

業績

 受賞

2013年JRS Young Investigator Award to Attend ATS International Conference 2013
2014年日本気胸嚢胞学会優秀演題賞
2014年Respiratory Research Award (東京呼吸病態研究会)
2015年JRS Young Investigator Award to Attend ATS International Conference 2015
2015年IREF young investigator award
2015年東京呼吸器リサーチフォーラム審査員特別賞
2016年1at Asia Oceania Worksh0p of Pulmonary Functional Imaging (AOWPFI) Best Poster Award
2017年公益財団法人難病医学研究財団平成27年度医学研究奨励助成金受賞
2017年未来の旅行×「IT」コンテスト 特別賞
2018年中外製薬株式会社臨床開発本部 本部長賞

 2017年

 論文

  • Sandhu Y, Ando K, Takekawa H, Takagi H, Hirama M, Kido K, Takahashi K.
    Safety of Bronchoscopy for Patients with Hemodialysis
    Respiratory Investigation 2017; 55(2), 173-5

 講演

  • 安藤克利. がん悪液質発症の分子機構とその治療への応用
    技術情報協会 (2017/4/5)、東京

 学会発表

  • 安藤克利、三道ユウキ、竹川英徳、高木陽、平間未知大、木戸健治
    汎血球減少時における気管支鏡検査の安全性に関する検討
    第57回日本呼吸器学会学術講演会 (2017/4/22)、東京

  • 三道ユウキ、安藤克利、竹川英徳、髙木陽、平間未知大、木戸健治、高橋和久
    維持血液透析中の肺癌患者に対する抗癌剤、EGFR-TKIの治療経験
    第57回日本呼吸器学会学術講演会 (2017/4/21)、東京

  • 三道ユウキ、安藤克利、竹川英徳、髙木陽、平間未知大、木戸健治、高橋和久
    維持血液透析患者に対する気管支鏡検査の安全性と有用性に関する検討
    第57回日本呼吸器学会学術講演会 (2017/4/22)、東京

  • Ando K, Sandhu Y, Takekawa H, Takagi H, Hirama M, Kido K
    Safety of bronchoscopy for patients with severe neutropenia
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2017 (May, 22 2017), Washington, USA

  • Sandhu Y, Ando K, Takekawa H, Takagi H, Hirama M, Kido K
    Safety of chemotherapy for hemodialysis patients with lung cancer
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2017 (May, 21 2017), Washington, USA

  • Sandhu Y, Ando K, Takekawa H, Takagi H, Hirama M, Kido K
    Safety of Bronchoscopy for Patients with Hemodialysis
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2017 (May, 22 2017), Washington, USA

 2016年

 論文

  • Ando K, Fujino N, Mitani K, Ota C, Okada Y, Kondo T, Mizobuchi T, Kurihara M, Suzuki K, Hoshika Y, Ebana H, Kobayashi E, Takahashi K, Kubo H, Seyama K. 
    Isolation of individual cellular components from lung tissues of patients with lymphangioleiomyomatosis. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2016; 310: L899–L908.

  • Ando K, Okada Y, Akiba M, Kondo T, Kawamura T, Okumura M, Chen F, Date H, Shiraishi T, Iwasaki A, Yamasaki N, Nagayasu T, Chida M, Inoue Y, Hirai T, Seyama K, Mishima M and the Respiratory Failure Research Group of the Japanese Ministry of Health, Labour, and Welfare. 
    Lung transplantation for lymphangioleiomyomatosis in Japan. PLos One 2016; 11(1): e0146749.

  • Ando K, Nakashita T, Kaneko N, Takahashi K, Motojima S.
    Associations between peripheral blood eosinophil counts in patients with systemic sclerosis and disease severity. Springer Plus 2016; 5: 1401.

  • Fujita A, Ando K, Kobayashi E, Mitani K, Okudera K, Nakashima M, Miyatake S, Tsurusaki Y, Saitsu H, Seyama K, Miyake N, Matsumoto N.
    Detection of low-prevalence somatic TSC2 mutations in sporadic pulmonary lymphangioleiomyomatosis tissues by deep sequencing. Hum Genet. 2016; 135: 61–68.

  • Nakashita T, Ando K, Takahashi K, Motojima S.
    Possible effect of abatacept on the progression of interstitial lung disease in rheumatoid arthritis patients.
    Respiratory Investigation. 2016; 54(5): 376-379.

  • Hayashi T, Kumasaka T, Mitani K, Okada Y, Kondo T, Date H, Chen F, Oto T, Miyoshi S, Shiraishi T, Iwasaki A, Hara K, Saito T, Ando K, Kobayashi E, Gunji-Niitsu Y, Kunogi M, Takahashi K, Yao T, Seyama K. Bronchial involvement in advanced stage lymphangioleiomyomatosis: histopathologic and molecular analyses. Hum Pathol. 2016; 50: 34-42.

  • Fukui M, Takamochi K, Matsunaga T, Oh S, Ando K, Suzuki K, Arakawa A, Uekusa T, Suzuki K.
    Risk of the preoperative underestimation of tumour size of lung cancer in patients with idiopathic interstitial pneumonias.
    Eur J Cardiothorac Surg. 2016; 

  • 木村美穂、安藤克利、照屋奈保美、白子弥生、新島麻耶、小池昭夫、高橋和久、土生みき子.
    喫煙継続内科慢性疾患患者に対する肺年齢測定を用いた禁煙指導の有用性.
    禁煙科学 2016; 10, 28-32.

  • 林田 美江,安藤 克利,関谷 充晃,瀬山 邦明,井上 義一,巽 浩一郎,厚生労働省難治性疾患政策研究事業呼吸不全に関する調査研究班
    LAMを有する成人女性においてmTOR阻害薬は第一選択となりますか?
    日本呼吸器学会誌, 2016; 5(4): 166-171.

 原稿

  • 安藤克利、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症. 呼吸と循環. 2016; 64 (10): 991-999.

 学会発表

  • Ando K, Kuraishi H, Nagaoka T, Tsutsumi T, Hoshika Y, Kimura T, Ienaga H, Morio Y, Takahashi K. Potential role of CT metrics in chronic obstructive pulmonary disease with pulmonary hypertension.
    1at Asia Oceania Workshop of Pulmonary Functional Imaging (AOWPFI) (2016/1/29), Awajishima, Hyogo

  • Ando K, Fukui M, Suzuki K, Oh S, Takahashi K, Suzuki K, Takamochi K
    Clinical features of lung cancer and effect of its resection on pulmonary function in patients with combined pulmonary fibrosis and emphysema
    1at Asia Oceania Workshop of Pulmonary Functional Imaging (AOWPFI) (2016/1/30), Awajishima, Hyogo

  • Ando K, Fujino N, Mitani K, Ota C, Okada Y, Kondo T, Mizobuchi T, Kurihara M, Suzuki K, Hoshika Y, Ebana H, Kobayashi E, Takahashi K, Kubo H, Seyama K.
    Isolation of Individual Cellular Components from Lung Tissues of Patients with LAM
    2016 Rare Lung Disease Research Conference (2016/9/24), Cincinnati, USA

  • 安藤克利、藤野直也、三谷恵子、大田千晴、丹藤由希子、岡田克典、近藤丘、溝渕輝明、栗原正利、鈴木健司、星加義人、江花弘基、高橋和久、久保裕司、瀬山邦明
    FACSによるLAM細胞分離法の確立
    第56回日本呼吸器学会学術講演会 (2016/4/9)、京都

  • 木村美穂、安藤克利、照屋奈保美、白子弥生、新島麻耶、小池昭夫、高橋和久、土生みき子
    喫煙継続慢性呼吸器疾患患者に対する肺年齢測定を用いた禁煙指導の有用性
    第56回日本呼吸器学会学術講演会 (2016/4/10)、京都

  • 佐伯至勇、安藤克利、上田翔子、三道ユウキ、竹川英徳、高木陽、平間未知大、木戸健治
    心原性肺水腫との鑑別に経気管支肺生検が診断に有用であった薬剤性肺障害の一例
    第157回日本呼吸器内視鏡学会関東地方会 (2016/7/2)、東京

  • 副島美穂、安藤克利、三道ユウキ、竹川英徳、高木陽、平間未知大、立盛祟裕、阪野孝充、木戸健治
    非典型的な臨床像を示し、放射線治療後二次癌の可能性が疑われた癌性胸膜炎の一例
    第626回日本内科学会関東地方会 (2016/9/10)、東京

  • 中濱洋、安藤克利、三道ユウキ、竹川英徳、高木陽、平間未知大、立盛祟裕、阪野孝充、木戸健治
    気管支肺胞洗浄液中のリンパ球増多を認めなかった抗PL-12抗体陽性の非特異的間質性肺炎の1例
    第626回日本内科学会関東地方会 (2016/9/10)、東京

  • 副島美穂、安藤克利、三道ユウキ、竹川英徳、高木陽、平間未知大、木戸健治
    肺癌治療後に低Na血症を来たし、腫瘍随伴内分泌症候群と鑑別を要した薬剤性SIADHの一例
    第222回日本呼吸器学会関東地方会 (2016/11/19)、東京

  • 柏木項介、安藤克利、三道ユウキ、竹川英徳、高木陽、平間未知大、木戸健治
    転移性肺腫瘍との鑑別にグラム染色が有用であったNocardia farcinicaによる肺ノカルジア症の一例
    第222回日本呼吸器学会関東地方会 (2016/11/19)、東京

  • 三道ユウキ、安藤克利、竹川英徳、高木陽、平間未知大、木戸健治
    維持血液透析患者に発症した進行肺癌に対する治療経験
    第222回日本呼吸器学会関東地方会 (2016/11/19)、東京

 2015年

 論文

  • Ando K, Kuraishi H, Nagaoka T, Tsutsumi T, Hoshika Y, Kimura T, Ienaga H, Morio Y, Takahashi K. Potential role of CT metrics in chronic obstructive pulmonary disease with pulmonary hypertension
    Lung 2015; 193(6): 911-918.

 学会発表

  • 安藤克利、瀬山邦明、小林悦子、江花弘基、星加義人、高橋和久.
    妊娠・出産がリンパ脈管筋腫症の病勢に与える影響について
    第55回日本呼吸器学会学術講演会 (2015/4/17)、東京

  • Ando K, Kobayashi E, Kanehiro Y, Ebana H, Takahashi K, Seyama K , MLSTS study group.
    Role of lymphangiogenic growth factors in the pathogenesis of lymphangioleiomyomatosis
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2015 (May, 17 2015), Denver, USA

  • 安藤克利、藤野直也、三谷恵子、大田千晴、丹藤由希子、岡田克典、近藤丘、溝渕輝明、栗原正利、鈴木健司、星加義人、江花弘基、高橋和久、久保裕司、瀬山邦明
    FACSによるLAM細胞分離法の確立
    第19回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会 (2015/9/5)、東京

  • 木村美穂、安藤克利、照屋奈保美、白子弥生、新島麻耶、小池昭夫、高橋和久、土生みき子
    喫煙継続慢性呼吸器疾患患者に対する肺年齢測定を用いた禁煙指導の有用性
    第10回日本禁煙科学会学術総会 (2015/11/8)、横浜

 講演

  • 安藤克利
    肺細胞分離技術の応用によるLAMの病態解明
    第13回気胸嚢胞study group (2015/2/28)、東京

  • 安藤克利
    強皮症関連間質性肺炎
    第2回膠原病肺セミナー (2015/6/6)、鴨川

  • 安藤克利、瀬山邦明、高橋和久
    肺細胞分離技術の応用によるリンパ脈管筋腫症の病態解明
    第17回IREF (2015/8/22)、滋賀

  • 安藤克利
    USMLE step2 CS 攻略法
    2015年医学医療交流セミナー (2015/10/3)、東京

  • 安藤克利、本島新司、地畠暁、高橋和久、中下珠緒
    強皮症における好酸球性炎症の存在とその可能性
    アレルギー・好酸球研究会2015 (2015/10/24)、東京

  • 安藤克利、瀬山邦明、高橋和久
    肺細胞分離技術の応用によるリンパ脈管筋腫症の病態解明
    第12回東京呼吸リサーチフォーラム (2015/11/14)、東京

  • 安藤克利
    胸部CTの定量的解析を用いた呼吸器疾患に伴う肺高血圧症に対する治療効果の検討
    第7回PH clinical conference (2015/11/19)、東京

 2014年

 論文

  • Ando K, Takahashi F, Kato M, Kaneko N, Doi T, Ohe Y, Koizumi F, Nishio K, Takahashi K. Tocilizumab, a proposed therapy for the cachexia of interleukin6-expressing lung cancer. PLoS One. 2014;9(7):e102436.

  • Ando K, Kaneko N, Doi T, Aoshima M, Takahashi K. Prevalence and risk factors of aortic aneurysm in patients with chronic obstructive pulmonary disease. J Thoracic Dis 2014; 6(10): 1388-1395.

  • Nakashita T, Ando K, Kaneko N, Takahashi K, Motojima S. Potential risk of TNF inhibitors on the progression of interstitial lung disease in patients with rheumatoid arthritis. BMJ open 2014;4:e005615.

  • 苦瓜夏希、安藤克利、佐藤弘一、山本章人、高橋和久. 肝細胞癌と同時期に発見され、高齢発症のループス胸膜炎が疑われた一例. 日呼誌 2014; 3(1): 89-92.

 研究班

  • 安藤克利、瀬山邦明、栗原正利、片岡秀行、星加義人、飛野和則、郡司陽子、久能木真喜子、高橋和久. 50歳以上のリンパ脈管筋腫症患者における臨床的特徴
    平成25年度呼吸不全班研究報告書287-291.

原稿

  • 安藤克利. 間質性肺炎の画像読影. レジデントノート 2014; 674-682.

  • 安藤克利、高橋和久. 癌悪液質と栄養療法. 呼吸器内科 2014; 25(5): 445-451.

  • 安藤克利、高橋和久. 「全身性疾患の肺病変」内分泌疾患と肺病変. 最新医学2014; 191-197.

  • 安藤克利、高橋和久. Current topics from major journals 肺高血圧症における予後不良因子としてのMicroRNA-150の発現低下. 日本胸部臨床 2014;73(6): 730-731.

学会発表

  • 安藤克利、関谷充晃、飛野和則、熱田了、高橋和久. 
    胸部CT画像の定量的解析による気腫合併肺線維症 (CPFE) の病態検討.
    第6回呼吸機能イメージング研究会学術集会 (2014/1/23)、札幌

  • 安藤克利、関谷充晃、飛野和則、熱田了、高橋和久. 
    胸部CT画像の定量的解析による気腫合併肺線維症 (CPFE) の病態検討. 
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 (2014/4/25)、大阪

  • 安藤克利、瀬山邦明、秋場美紀、岡田克典、井上義一、平井豊博、近藤丘、三嶋理晃.
    本邦におけるリンパ脈管筋腫症に対する肺移植の治療実態
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 (2014/4/26)、大阪

  • Ando K, Akiba M, Okada Y, Kataoka H, Kurihara M, Takahashi K, Kondo T, Seyama K.
    Lung transplantation for lymphangioleiomyomatosis in Japan
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2014 (May, 18 2014), San Diego, USA

  • 安藤克利、瀬山邦明、秋場美紀、岡田克典、近藤丘、川村知裕、奥村明之進、陳豊史、伊達洋至、白石武史、岩﨑昭憲、山崎直哉、永安武、千田雅之、井上義一、平井豊博、三嶋理晃
    本邦におけるリンパ脈管筋腫症に対する肺移植の治療実態
    第18回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会 (2014/9/5)、福岡

  • Pregnancy is not always a risk of deterioration of lymphangioleiomyomatosis
    Ando K, Seyama K, Kobayashi E, Ebana H, Hoshila Y, Takahashi K
    Asian Pacific Society of Respirology (APSR) Conference 2014 (November, 14 2014), Bali

講演

  • 安藤克利、高橋史行、高橋和久. 
    IL-6を標的とした癌悪液質治療の試み
    第18回東京呼吸病態研究会 (2014/11/4) 

 2013年

 論文

  • Ando K, Takahashi F, Motojima S, Nakashima K, Kaneko N, Hoshi K, Takahashi K.
    Possible role of tocilizumab, anti-interleukin 6 receptor antibody, the new approach to cancer cachexia
    J Clin Oncol 2013; 31: e69-72.

  • Ando K, Takahashi F, Takahashi K.
    Reply to Berti et al.
    J Clin Oncol 2013; 31: 2971.

  • Ando K, Nakashita T, Kaneko N, Takahashi K, Motojima S. Long-term efficacy and safety of maintenance therapy with azathioprine or cyclosporine for interstitial lung disease with diffuse cutaneous scleroderma. Clin Exp Rheumatol 2013 Mar-Apr;31(2 Suppl 76):191-2.

  • Ando K, Motojima S, Doi T, Nagaoka T, Kaneko N, Aoshima M, Takahashi K.
    Effect of glucocorticoid monotherapy on pulmonary function and survival in Japanese patients with scleroderma related interstitial lung disease.
    Respiratory Investigation 2013; 51: 69-75.

  • Ando K, Kurihara M, Kataoka H, Ueyama M, Togo S, Sato T, Doi T, Iwakami S, Takahashi K, Seyama K, Mikami M. The efficacy and safety of low-dose sirolimus for treatment of lymphangioleiomyomatosis.
    Respiratory Investigation 2013; 51(3): 175-83.

  • Ando K, Sekiya M, Tobino K, Takahashi K.
    Relationship between quantitative CT metrics and pulmonary function in combined pulmonary fibrosis and emphysema.
    Lung 2013; 191(6): 585-91.

  • 園田健人、安藤克利、大島司、藤原典子、佐藤輝彦、瀬山邦明、高橋和久
    腹腔-静脈シャントにより長期間の乳び腹水管理が可能であったリンパ脈管筋腫症の一例
    日本呼吸器学会誌 2013; .2(1): 44-48.

  • 安藤克利、金子教宏、大国義弘、青島正大、高橋和久
    慢性閉塞性肺疾患におけるスタチンの有効性
    日本胸部臨床 2013;72(10): 1140-1146.

  • 安藤克利、佐藤弘一、高橋和久
    気管支鏡検査が診断に有用であったMPO-ANCA陽性、PR3-ANCA陰性の多発血管炎性肉芽腫症の一例
    日本呼吸器内視鏡学会雑誌 2013; 35(3): 315-320 .

 原稿

  • 安藤克利、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症. 今日の診療サポート

 研究班

  • 安藤克利、瀬山邦明、小林悦子、栗原正利、久能木真喜子、郡司陽子、片岡秀行、星加義人、佐藤輝彦、高橋和久
    リンパ脈管筋腫症患者における血清・乳糜液中VEGF-D値と臨床像の検討.
    平成24年度呼吸不全班研究報告書 248-253.

 学会

  • 安藤克利、瀬山邦明、飛野和則、星加義人、栗原正利、高橋和久
    シロリムス治療中のリンパ脈管筋腫症患者における画像と肺機能の経時的変化に関する考察-胸部CT画像の定量的解析を用いた検討-
    第5回呼吸機能イメージング研究会学術集会 (2013/1/12)、徳島

  • 安藤克利、佐藤弘一、山本章人、高橋和久
    人工弁・血管留置の既往を有する患者に発症したSalmonella enteritidis敗血症の治療経験
    第595回日本内科学会関東地方会 (2013/3/9)、東京

  • 安藤克利、瀬山邦明、栗原正利、片岡秀行、星加義人、飛野和則、郡司陽子、久能木真喜子、高橋和久
    50歳以上のリンパ脈管筋腫症患者における臨床的特徴
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 (2013/4/19)、東京

  • 安藤克利、中島啓、金子教宏、高橋史行、佐藤弘一、高橋和久
    肺癌患者における血清IL-6濃度と癌悪液質、予後に関する検討
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 (2013/4/20)、東京

  • Ando K, Seyama K, Hoshika Y, Tobino K, Gunji Y, Kunogi M, Sato T, Kataoka H, Kurihara M, Takahashi K.
    Vascular endothelial growth factor-D in serum and chylous effusion of patients with lymphangioleiomyomatosis.
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2013 (May, 19 2013)、Philadelphia, USA

  • 苦瓜夏希、安藤克利、佐藤弘一、山本章人、高橋和久
    肝細胞癌と同時期に発見され、高齢発症のループス胸膜炎が疑われた一例
    第205回日本呼吸器学会関東地方会 (2013/7/13)、東京 (研修医セッション優秀賞受賞)

  • Ando K, Sekiya M, Tobino K , Takahashi K.
    Relationship between quantitative CT metrics and pulmonary function in combined pulmonary fibrosis and emphysema.
    6 th International Workshop for Pulmonary Functional Imaging (IWPFI) (June, 19, 2013), Madison, USA

  • 安藤克利、瀬山邦明、栗原正利、片岡秀之、江花弘基、栗山祥子、星加義人、郡司陽子、久能木真喜子、高橋和久
    肺移植が必要とされる重症リンパ脈管筋腫症患者の臨床的検討
    第17回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会 (2013/9/7)、東京

  • 安藤克利、加藤元康、高橋史行、八戸すず、八戸敏史、星加義人、佐藤弘一、高橋和久
    抗IL-6レセプター抗体による癌悪液質治療の有用性の検討
    第72回日本癌学会 (2013/10/5)、横浜

  • Ando K, Kaneko N, Aoshima M, Takahashi K
    Higher prevalence of aortic aneurysm is associated with the severe lung destruction and aortic wall calcification in patients with COPD
    Asian Pacific Society of Respirology (APSR) Conference 2013 (December, 13 2012), Yokohama

  • Ando K, Seyama K, Kobayashi E , Hoshika Y, Tobino K, Gunji Y, Kunogi M, Sato T,Kataoka H, Kurihara M, Kazuhisa Takahashi K
    Relationship between serum vascular endothelial growth factor-D levels and disease severity in lymphangioleiomyomatosis
    Asian Pacific Society of Respirology (APSR) Conference 2013 (December, 13 2012), Yokohama

  • Ando K, Takahashi F, Kato M, Kaneko N, Doi T, Yae S, Yae T, Hoshika Y, Takahashi K
    Possible role of Tocilizumab for cachectic patients with interleukin-6 expressing lung cancer
    Asian Pacific Society of Respirology (APSR) Conference 2013 (November, 13 2012), Yokohama

  • 安藤克利、加藤元康、高橋史行、八戸すず、八戸敏史、星加義人、高橋和久
    IL-6レセプターをターゲットにした癌悪液質治療の有用性
    第54回日本肺癌学会総会 (2013/11/21)、東京

 2012年

 論文

  • Ando K, Doi T, Moody SY, Ohkuni Y, Sato S, Kaneko N.
    The effect of comorbidity on the prognosis of acute lung injury and acute respiratory distress syndrome.
    Internal Medicine 2012; 51: 1835-1840.

  • Ando K, Tobino K, Kurihara M, Kataoka H, Doi T, Hoshika Y, Takahashi K, Seyama K.
    Quantitative CT analysis of small pulmonary vessels in lymphangioleiomyomatosis
    European Journal of Radiology 2012; 81: 3925– 3930.

  • 安藤克利、吉見格、十合晋作、関谷充晃、瀬山邦明、高橋和久
    出血性胃潰瘍を合併し、貧血の鑑別に苦慮した特発性血小板減少性紫斑病合併肺癌の一例
    日本呼吸器学会誌 2012; 1: 51-55.

  • 安藤克利、長岡鉄太郎、落合友則、十合晋作、櫻井弘子、高橋和久
    大量胸水で発症し、胸膜癒着術が奏効したリンパ形質細胞性リンパ腫の一例
    呼吸 2012; 31: 570-574.

 書籍

  • 安藤克利 (著)、大山優 (監修). やさしい英語で外来診療 羊土社 2012.9
    安藤克利 瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症 (LAM). 希少疾患/難病 の診断・治療と製品開発 (株) 技術情報協会 2012; 1082-97.

 研究班

  • 安藤克利、瀬山邦明、小林悦子、栗原正利、久能木真喜子、郡司陽子、片岡秀行、星加義人、佐藤輝彦、高橋和久
    リンパ脈管筋腫症患者における血清・乳糜液中VEGF-D値と臨床像の検討.
    平成24年度呼吸不全班研究報告書

 総説

  • 安藤克利、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症 (LAM) の分子病態学 分子呼吸器病. 2012; 16: 47-51
    安藤克利、瀬山邦明. 新しい局面を迎えたLAM治療 Annual Review 2012; 199-208
    安藤克利、市川昌子、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症とは―COPDとの鑑別が重要- medicina 2012; 49: 420-3.

  • 安藤克利、星加義人、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症の遺伝子異常と新たな治療戦略. 呼吸器内科
    2012; 21(6): 557-564. 

  • 安藤克利、星加義人、瀬山邦明. シロリムスの現状と今後. 呼吸器内科 2012; 22(2): 139-147.

  • 安藤克利 瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症 (LAM) 治療の最前線. 呼吸 2012; 31(7): 612-619.

  • 安藤克利 瀬山邦明. α1-アンチトリプシン欠損症. 日本臨床;先天代謝異常症候群 (第2般) 下2012;865-869.

 学会発表

  • Ando K, Tobino K, Kurihara M, Kataoka H, Doi T, Hoshika Y, Seyama K, Takahashi K.
    Quantitative CT analysis of small pulmonary vessels in lymphangioleiomyomatosis and chronic obstructive disease.
    International Conference On Rare Disease 2012 (2012/2/5), Tokyo

  • 安藤克利、飛野和則、星加義人、栗原正利、瀬山邦明、高橋和久
    胸部CT画像の定量的解析によるリンパ脈管筋腫症とCOPDの病態検討
    第4回呼吸機能イメージング研究会学術集会 (2012/2/11)、滋賀

  • 安藤克利、金子教宏、飛野和則、青島正大
    tiotropiumがCOPDの肺野に与える影響について-胸部CT画像の定量的解析を用いた検討-
    第4回呼吸機能イメージング研究会学術集会 (2012/2/11)、滋賀

  • 園田健人、安藤克利、佐藤輝彦、藤原典子、守尾嘉晃、瀬山邦明、高橋和久
    腹腔-鎖骨下静脈シャントにより長期に渡る腹水コントロールが可能であったリンパ脈管筋腫症の一例
    第198回日本呼吸器学会関東地方会 (2012/2/18)、東京

  • 藤本雄一、安藤克利、本島新司、長岡鉄太郎、大国義弘、金子教宏、青島正大、瀬山邦明、高橋和久
    強皮症関連間質性肺炎の治療実態と予後に与える影響
    第52回日本呼吸器学会学術講演会(2012/4/20)、神戸

  • 安藤克利、飛野和則、栗原正利、片岡秀之、土肥徳秀、星加義人、瀬山邦明、高橋和久
    胸部CT画像の定量的解析によるリンパ脈管筋腫症とCOPDの病態検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会(2012/4/21)、神戸

  • 安藤克利、瀬山邦明、星加義人、飛野和則、栗原正利、片岡秀之、高橋和久
    シロリムスによるリンパ脈管筋腫症の治療経験
    第52回日本呼吸器学会学術講演会(2012/4/21)、神戸

  • 安藤克利、瀬山邦明、星加義人、飛野和則、栗原正利、片岡秀之、高橋和久
    エベロリムスによるリンパ脈管筋腫症の治療経験
    第52回日本呼吸器学会学術講演会(2012/4/21)、神戸

  • 安藤克利、金子教宏、飛野和則、高橋和久、青島正大
    TiotropiumがCOPDの肺野と呼吸機能に与える影響について-胸部CT画像の定量的解析を用いた検討-
    第52回日本呼吸器学会学術講演会(2012/4/22)、神戸

  • Ando K, Kaneko N, Tobino K, Ohkuni Y, Takahashi K, Aoshima M.
    The treatment effect of pulmonary function and chest CT imaging by tiotropium in patients with chronic obstructive pulmonary disease
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2012 (May, 21 2012)、San Francisco, USA

  • Ando K、Seyama K、Hoshika Y、Tobino K、Kurihara M、Kataoka H、Takahashi K
    The observational study of low dose sirolimus in Japanese patients with lymphangioleiomyomatosis
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2012 (May, 22 2012)、San Francisco, USA

  • Fijimoto Y, Ando K, Motojima S, Nagaoka T, Ohkuni Y, Kaneko N, Aoshima M, Seyama K, Takahashi K.
    The treatment effect for the pulmonary function and long term survival in scleroderma related interstitial lung disease.
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2012 (May, 23 2012)、San Francisco, USA

  • 安藤克利、佐藤弘一、山本章人、折笠英紀、高橋和久
    粟粒結核と鑑別を要したEGFR遺伝子変異陽性・印鑑細胞型肺腺癌の一例
    第590回日本内科学会関東地方会 (2012/9/8)、東京

  • 安藤克利、飛野和則、栗原正利、片岡秀之、土肥徳秀、星加義人、瀬山邦明、高橋和久
    シロリムスによるリンパ脈管筋腫症の治療経験
    第16回日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会 (2012/9/28)、東京

  • 香西友佳、安藤克利、佐藤弘一、山本章人、折笠英紀、高橋和久
    胸水・転移性骨腫瘍で発見され、肺癌・癌性胸膜炎との鑑別を要した甲状腺濾胞癌と急性膿胸の一合併例
    第592回日本内科学会関東地方会 (2012/11/10)、東京

  • 石部祐介、安藤克利、佐藤弘一、山本章人、折笠英紀、高橋和久
    MPO-ANCA陽性、PR3-ANCA陰性の多発血管炎性肉芽腫症、全身型の一例
    第202回日本呼吸器学会関東地方会 (2012/11/10)、東京

  • 安藤克利、土肥徳秀、本島新司、長岡鉄太郎、金子教宏、青島正大、佐藤弘一、高橋和久
    線形混合モデル解析による強皮症関連間質性肺炎の肺機能の変動に関する考察
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 (2012/12/1)、大阪

  • Clinical characteristics of lymphangioleiomyomatosis patients with the age of 50-year-old and more.
    Ando K, Seyama K, Kurihara M, Kataoka H, Hoshika Y, Yamamoto A, Sato K, Takahashi K.
    Asian Pacific Society of Respirology (APSR) Conference 2012 (December, 14 2012), Hong Kong

 講演

  • 安藤克利
    LAMに対するシロリムスの治療経験
    第8回気胸嚢胞study group (2012/8/11)、東京

  • 安藤克利
    当院におけるアバスチン併用レジメン選択にあたっての考え方-CBDCA+PTX+Bev療法とCBDCA+PEM+Bev療法の使い分け―
    (2012/11/20)、錦糸町

 2011年

 論文

  • Ando K, Masumoto N, Sakamoto M, Teraoka K, Suzuki T, Kurihara T, Abe S, Tozaki M, Fukuma E, Hoshi K. Parotid Gland Metastasis of Breast Cancer: Case Report and Review of the Literature. Breast Care 2011; 6: 471-473

  • 安藤克利、小松あきな、松田正典、金子典宏.
    脈絡膜転移に伴う眼症状を契機に発見された肺小細胞癌の1例 -視力予後影響因子の検討-
    肺癌 2011; 51: 94-98.

  • 安藤克利、大国義弘、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、牧野英記、金子教宏
    Omalizumabの投与間隔短縮が有効であった重症持続型気管支喘息の1例
    アレルギー 2011; 60: 604-609

  • 安藤克利、大国義弘、牧野英記、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、金子教宏
    PS不良患者に対する胸膜癒着術の治療実態
    日本呼吸器学会雑誌 2011;49:723-728

  • 安藤克利、大国義弘、牧野英記、河村泰孝、本島新司、金子教宏
    併存疾患が間質性肺炎の予後に与える影響
    日本呼吸器学会雑誌 2011;49:800-809

 原稿

  • 安藤克利、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症の病態と治療. 最新医学 2011; 66: 1851 –1859.

  • 安藤克利、瀬山邦明. リンパ脈管筋腫症 (LAM). 総合臨床 2011; 60: 2500-10

 研究班

  • 安藤克利、瀬山邦明、佐藤輝彦、鈴木一廣、星加義人、飛野和則、栗原正利、片岡秀之、高橋和久
    シロリムスによるLAMの治療経験. 平成23年度呼吸不全班研究報告書

 学会発表

  • The relationship between the prognosis of interstitial pneumonia and its comorbidity
    Ando K, Hasegawa K, Kawamura Y, Motojima S, Kaneko N
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2011 (May, 13-18 sunday 2011)、Denver, USA

  • Quantitative CT measurement of cross-sectional area of small pulmonary vessel in lymphangioleiomyomatosis.
    Ando K, Tobino K, Gunji Y, Kunogi M, Hoshika Y, Kurihara M, Doi T, Seyama K, Takahashi K
    American colleage of chest physician (ACCP) (2011/10/25)、Honolulu, USA

  • 定位放射線治療が肺機能に与える影響について
    安藤克利、庄司一寅、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、長谷川景子、三沢昌史、大国義弘、金子教宏
    第51回日本呼吸器学会学術講演会(2011/4)、東京

  • 間質性肺炎に併存疾患が与える影響
    安藤克利、河村泰孝、大国義弘、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、長谷川景子、三沢昌史、金子教宏、井上恵一、井上明、中下珠緒、本島新司
    第51回日本呼吸器学会学術講演会(2011/4)、東京

  • 急速に進行した肺原発Sarcomatoid carcinoma(giant cell carcinoma)の一例
    安藤克利、十合晋作、牧田侑子、熱田了、守尾嘉晃、瀬山邦明、高橋和久
    第161回日本肺癌学会関東支部会 (2011/6/18)、東京

  • 胸膜癒着術後の予後影響因子に関する検討
    安藤克利、大国義弘、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、牧野英記、金子典宏
    第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2011/6/17)、浜松

  • 空洞性病変を来たし原発性肺癌との鑑別を要した末梢性 T 細胞リンパ腫の一例
    小松あきな、安藤克利、松沼 亮、中島 啓、浅井信博、長谷川景子、牧野英記、大國義弘、金子教宏.
    第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2011/6/17)、浜松

  • 肺癌悪液質に対するTocilizumabの有効性
    安藤克利、中島啓、大国義弘、小松あきな、松沼亮、浅井信博、牧野英記、金子教宏
    第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2011/7/21)、横浜

  • 特発性血小板減少性紫斑病と出血性胃潰瘍を併発した肺癌の一例
    日比谷怜美、安藤克利、吉見格、十合晋作、関谷充晃、守尾嘉晃、瀬山邦明、高橋和久
    第196回日本呼吸器学会関東地方会 (2011/9/17)、千葉

  • 大量胸水で発症し胸膜癒着術を施行したリンパ形質細胞性リンパ腫の一例
    落合友則、安藤克利、十合晋作、長岡鉄太郎、守尾嘉晃、瀬山邦明、高橋和久
    第197回日本呼吸器学会関東地方会 (2011/11/19)、東京

講演

  • TiotropiumがCOPDの肺野と呼吸機能に与える影響について-胸部CT画像の定量的解析を用いた検討-
    安藤克利、金子教宏、飛野和則、青島正大
    第20回 Pneumo Forum (2011/11/26)、東京

 2010年

論文

  • 安藤克利、庄司一寅、深澤基児、武士昭彦、阿部大、松沼亮、浅井信博、三沢昌史、金子教宏. 
    高齢化社会における臨床病期Ⅰ期肺癌の現状と問題点
    肺癌 2010;50:115-121

  • 安藤克利、大国義弘、河村泰孝、長谷聡一郎、伊藤憲佐、大内敏宏、金子教宏
    気管支動脈塞栓術における術後再喀血予測因子の検討:止血困難であった特発性気道出血の1例.
    呼吸 2010;29:662-666.

  • 安藤克利、大国義弘、松沼亮、中島啓、岩崎拓也、浅井信博、安井大策、三沢昌史、金子教宏
    肺膿瘍における予後影響因子の検討
    感染症学雑誌 2010;84:425-430

  • Katsutoshi Ando, Yoshihiro Ohkuni, Motoji Fukazawa, Masaru Abe, Akihiko Takeshi, Norihiro Kaneko
    Sedation with meperidine for endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration
    J Bronchol Intervent Pulmonol 2010;17:329-333.

学会発表

  • 肺膿瘍における予後影響因子の検討
    安藤克利、中島啓、浅井信博、岩崎拓也、安井大策、三沢昌史、金子教宏
    第84回日本感染症学会総会(2010/4)

  • 併存疾患がARDS/ALIの予後に与える影響について:Charlson Co-morbidity Indexを用いた検討-
    安藤克利、大国義弘、安井大策、松沼亮、中島啓、岩崎拓也、浅井信博、三沢昌史、金子教宏、佐藤幸子、高橋幸雄
    第50回日本呼吸器学会学術講演会(2010/4)

  • 高齢者肺癌に対する定位放射線治療の有効性と安全性
    安藤克利、大国義弘、三沢昌史、安井大策、浅井信博、岩崎拓也、中島啓、松沼亮、金子教宏、庄司一寅
    第50回日本呼吸器学会学術講演会(2010/4)

  • Charlson comorbidity index as a prognostic factor in acute lung injury and acute respiratory distress syndrome
    Katsutoshi Ando、Y Ohkuni、D Yasui、R Matsunuma、K Nakashima、T Iwasaki
    N Asai、M Misawa、N Kaneko
    American Thoracic Society (ATS) International Conference 2010 (May 2010)

  • 超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)における麻酔方法の検討:塩酸Pethidineの安全性と有効性
    安藤克利、深澤基児、阿部大、武士昭彦、金子教宏
    第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2010/6)

  • Anesthesia for Endobronchial Ultrasound-guided Transbronchial Needle Aspiration (EBUS-TBNA)-The safety and efficacy of Pethidine Hydrochloride (Meperidine)-
    Katsutoshi Ando, Motoji Fukazawa, Masaru Abe, Akihiko Takeshi, Norihiro Kaneko
    World Congress Bronchoscopy (2010/6)

  • The efficacy and safety of Stereotactic radiation therapy for elderly patients.
    Katsutoshi Ando , Kazufusa Shoji, Motoji Fukazawa, Akihiko Takeshi, Yoshihiro Ohkuni, Norihiro Kaneko
    European Respiratory Society (ERS) International Conference 2010 (September 2010)

  • The prognostic factor of lung abscess
    Katsutoshi Ando, Yoshihiro Ohkuni, Ryo Matsunuma, Kei Nakashima, Nobuhiro Asai, Takuya Iwasaki, Daisaku Yasui, Masafumi Misawa, Norihiro Kaneko
    European Respiratory Society (ERS) International Conference 2010 (September 2010)

  • 耳下腺転移を来した乳癌にTrastuzumabとCapecitabineの併用療法が奏効した1例
    安藤克利
    第48回日本癌治療学会学術集会

  • 眼症状を契機に発見された肺小細胞癌の一例
    安藤克利、小松あきな、松田正典、大山優、松沼亮、中島啓、浅井信博、安井大策、三沢昌史、大国義弘、金子教宏
    第51回日本肺癌学会総会 (2010/11)

  • 高齢者臨床病期Ⅲb期、Ⅳ期肺癌の発見動機に関する考察
    安藤克利、松田正典、大山優、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、安井大策、三沢昌史、大国義弘、金子教宏
    第51回日本肺癌学会総会 (2010/11)

  • 一般臨床におけるOmalizumab投与後の問題点に関する考察
    安藤克利、金子教宏、小松あきな、松沼亮、中島啓、浅井信博、安井大策、三沢昌史、本島新司
    第60回アレルギー学会総会(2010/11)

 2009年

論文

  • Katsutoshi Ando, Yoshihiro Ohkuni, Norihiro Kaneko, Makoto Narita
    Spontaneous rupture of the splenic metastasis in acinar cell carcinoma.
    Pancreas 2009;38:836-838.

  • 安藤克利、金子教宏、伊麗菜、佐藤智恵子、安井大策、井上恵一、三沢昌史、金子教宏
    脾臓転移を来した肺癌の1例
    日本呼吸器学会雑誌 2009;47:581-584.

  • 安藤克利、大国義弘、三沢昌史、安井大策、浅井信博、岩崎拓也、中島啓、松沼亮、金子教宏、成田信
    クリプトコッカス敗血症を来した難治性気管支喘息の1例
    アレルギー 2009;58:1536-1543.

学会発表

  • 当院における早期肺癌の臨床検討
    安藤克利、安井大策、金子教宏、伊麗娜、佐藤智恵子、井上恵一、三沢昌史、大国義弘
    第49回日本呼吸器学会総会(2009/5)

  • 臨床病期stageⅠ期の肺癌発見動機に関する考察
    安藤克利、三沢昌史、安井大策、大国義弘、佐藤智恵子、浅井信博、岩崎拓也、中島啓、松沼亮、金子教宏
    第50回日本肺癌学会総会 (2009/10)

  • 当院における気管支動脈造影検査の検討
    安藤克利 金子教宏、河村泰孝、長谷聡一郎、伊藤憲佐 大内敏宏
    第566回日本内科学会関東地方会(2009/10)

  • クリプトコッカス敗血症を来たし予後不良であった難治性気管支喘息の1例
    安藤克利、三沢昌史、安井大策、浅井信博、岩崎拓也、金子教宏
    第58回日本感染症学会東日本地方会学術集会(2009/11)

  • 巨大な嚢胞性病変を来したシェーグレン症候群の一例
    安藤克利 大国義弘 松沼亮、中島啓 浅井信博 岩崎拓也、安井大策、三沢昌史、金子教宏
    第187回日本呼吸器学会関東地方会(2009/11)

  • Castleman病と鑑別を要した肺腺癌の一例
    安藤克利、大国義弘、松沼亮、中島啓、岩崎拓也、浅井信博、安井大策、三沢昌史、金子教宏
    第188回日本呼吸器学会関東地方会(2010/2)

  • ALI/ARDS予後影響因子の検討-Charlson Comorbidity Indexを用いた検討
    安藤克利、中島啓、岩崎拓也、金子教宏、佐藤幸子、高橋幸雄
    第37回日本集中治療医学会学術集会(2010/3)

  • 脾臓転移から破裂を来たし予後不良であった膵腺房細胞癌の1例
    安藤克利、大国義弘、松沼亮、中島啓、岩崎拓也、浅井信博、安井大策、三沢昌史、金子教宏
    第8回日本臨床腫瘍学会総会(2010/3)

 2008年

論文

  • 安藤克利、池田有成、前田義政、森下慎二、松本政雄、佐藤芳之、新村和平、井上泰. 
    Collagenous colitisの1例
    胃と腸 2008;43:1399-1404.

学会発表

  • 脾臓転移を来たした肺癌の一例
    安藤克利、金子教宏 、伊麗娜、佐藤智恵子、安井大策、井上恵一、三沢昌史、大国義弘
    第182回日本呼吸器学会関東地方会 2008/11/15

クリニック案内

地元中目黒にて、地域医療に貢献したいと思います

お子様から通院が困難な患者様まで、幅広く対応したいと思いますのでお気軽にお越し下さい。

ドクターズマガジン
facebook.com
医院名
目黒ケイホームクリニック
院長
安藤 克利
住所
〒153-0061
東京都目黒区中目黒4-5-1エースビル2階

※東急バス目黒警察署停留所すぐ
※お気軽にご来院ください。
電話番号
03-5722-5500

ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。

TEL 03-5722-5500